上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
)12857778_7299fcf030.jpg

   いつもの公園
   いつもの子供たちの笑い声
   雪だるまはそんな雪遊びをする人々を
   笑っているようだ

   曇り空の時に必ず現れる男がいた
   黒の少しばかり長いダダウンを着て
   灰色の空
   どこか不気味に見える
   息を切らし
   ユキダルマを作ってるようだ
   私は7階のマンションのベランダから
   その様子を見ていた
   親子で雪だるまを作ってる様子もみていたが
   何かしら気になる
   フードをかぶってるので
   顔が見えないがこちらをちらりとみた
   鼻から口元がかすかに笑ってる
   7階から見てる私の存在を知ってるかのように・・

   翌日
   ポストに灰色の封筒の中に
   ユキダルマの写真が入っていた
   私は慌ててベランダに行く
   ユキダルマがどこを向いてるのかわからず
   ブーツをはき
   公園へと向かう
   雪だるまは出来上がってるようで
   【なんだろう・・気持ち悪い】   

   戸惑いなく部屋に戻る
   テーブルにおいていたユキダルマの写真
   どのくらい時間がたったのだろう
   救急車が公園についたようで
   近所の方が公園を近くで見てる
   なにやら男性が凍死してたようだ
   なんのことやらわからず
   雪だるまの下が掘ってあった
   大人一人は入れるスペースだったようなきがする
   そこで男性が亡くなったようだ 
   そこで
   この男性の名前を知る
   私は息をのんだ
   離婚した主人だったからだ
   公園に向かっていた顔は
   私の住む7階の方向へ向かっていた

   見も凍るとはこういうことだ
   テーブルの上の雪だるまの写真を焼こうと思った
   裏側の何か書かかれてる
  
   シアワセニナリタイ オマエミタイニ・・     

 END

 久々のミステリー
ブランクがあるからなかなか難しい
本を出す話ももらってたが
再度ちゃんとした形で短編コンテストに出してみようと思う
恋愛7行詩で審査員特別賞をもらったのだから
もっと前へ前へかな( /ω)



   
      

   

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。